札幌の弁護士による相続・遺産分割相談

〒060-0002札幌市中央区北2条西9丁目インファス5階 TEL 011-281-0757 FAX 011-281-0886

  • HOME
  • 事務所概要
  • 業務内容
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • アクセス
  • ご相談の流れ
  • お問合せ
  • 採用情報

離婚とお金の問題


taji.png

     

「夫婦の問題は愛情の問題であり、お金の問題ではない。」
というのは1つの真実です。

一方で現実的の問題として、経済的な問題を無視できないのも事実です。
離婚すると決意された場合、慰謝料や財産分与がどうなるかを知っておくことは重要です。以下に基準を示しておきますので、ご参考にしてください。 


(1)慰謝料

離婚に伴う慰謝料とは、離婚によって被る精神的苦痛による損害の賠償です。
慰謝料が認められるケースには、①不貞行為、②暴力・犯罪・悪意の遺棄、③婚姻生活の維持に協力しない、④性交渉拒否、等があります。裁判で慰謝料を請求しても、認められない場合も多いと言われています。

不貞や暴力等、個別具体的な各不法行為に基づくものの場合、それら各行為が行われていた時期及び期間・頻度及び程度並びに婚姻期間等藷条件により金額が変わりますが、不貞の場合には、最高でも500万円位が相場です。但し、夫が不貞した場合で、不貞相手女性に子供ができたようなケースでは、上記500万円にさらに上乗せされる可能性もあり得ます。

なお、不貞については、不貞行為をどう証明するかが課題となります。少なくとも、通常不貞行為が行われ得る場所すなわち密室でかつ、不貞行為が行われ得る時間、不貞行為の本人らする者同士がその間一緒にいたことなどの客観的証拠を掴んでいく必要があります。かつ裁判所へ提出できるような証拠化されていることが、慰謝料請求をしていくために通常必要となります。

(2)財産分与

財産分与とは、離婚した者の一方が相手方に対して財産の分与を求める権利のことです。

財産分与には

①婚姻中の夫婦共同財産の清算
②離婚後の弱者に対する扶養料
③離婚による慰謝料

という3つの要素がありますが、その中心は①の清算的要素です。

婚姻中の財産には、特有財産(名実ともに一方が所有する財産)、共有財産(名実ともに夫婦の共有に属する財産)、実質的共有財産(名義は一方に属するが、夫婦が協力して得られた財産)の3種類があります。清算的財産分与の対象となる財産は、共有財産と実質的共有財産です。
清算的財産分与の清算割合は、婚姻中に夫婦で築いた財産があれば、離婚にあたり、基本的には2分の1ずつ分けることが原則となります。

(3)年金分割

年金分割制度には、合意分割と3号分割があります。
合意分割とは、平成19年4月1日以降に離婚した場合、当事者間の合意や裁判手続きにより分割割合を定めた場合に、当事者の一方からの年金分割請求によって、婚姻期間中に納めた保険料の額に対応する厚生年金(共済年金)を当事者間で分割することができる制度です。

3号分割は、平成20年4月1日以降の第3号被保険者期間(特定期間)について、離婚をした場合、当事者の一方からの年金分割請求によって、第2号被保険者の厚生年金(共済年金)を2分の1に分割することができる制度です。

実際にあなたのケースで、離婚に伴う慰謝料や財産分与がどうなるのか知りたい場合、またはお金の問題について、夫婦間で争いがある場合は、弁護士にご相談ください。


離婚に関する目次

▶ 離婚問題でお悩みの方へ

▶ 離婚問題解決の流れ

▶ 離婚とお金の問題

▶ 離婚と子どもの問題


弁護士が親身に対応を致します。まずはお気軽にご相談下さい。 法律問題に関するご相談 011-281-0757



ご相談のご予約・お問い合わせ 011-281-0757

ご相談の流れはこちら

メールでのご相談はコチラ

事務所概要

〒060-0002札幌市中央区北2条西9丁目インファス5階 TEL011-281-0757 FAX011-281-0886 受付時間 9:00~17:30

当事務所の運営サイト

 札幌市の弁護士による企業再生 札幌市の弁護士による交通事故相談.com 札幌市の弁護士による相続・遺産分割のご相談.com