札幌の弁護士による相続・遺産分割相談

〒060-0002札幌市中央区北2条西9丁目インファス5階 TEL 011-281-0757 FAX 011-281-0886

  • HOME
  • 事務所概要
  • 業務内容
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • アクセス
  • ご相談の流れ
  • お問合せ
  • 採用情報
  • HOME
  • トピックス
  • 大阪高裁「あおり運転」でも殺意認定し殺人罪で懲役16年

大阪高裁「あおり運転」でも殺意認定し殺人罪で懲役16年!

 2018年7月に堺市で大型バイクに対するあおり運転を繰り返した後に車を追突させてバイクを運転していた大学生を死亡させた事件について、殺人罪の成立を認めた第一審判決に対する控訴審判決があり、再び殺意が認定されました。

 

 殺人罪は、故意に人の生命を断絶する犯罪ですので、いかに人の死亡という重大な結果が生じたとしても故意(殺意)がなければ殺人罪は成立しません。本件でもあおり運転をした被告人は、故意を否定して過失によっておきた交通事故だったと主張していました。

 しかし故意は、確定的な故意だけには限られません。たとえば自分の行為によって相手が死ぬかもしれないが死んでも構わないというように相手の死を認識しながら行為に及んだ場合には「未必的な故意」があったと認められます。

 

 本件でも、被告人が100キロ近いスピードで走行する車を同スピードで走行するバイクに衝突させればバイクが転倒することは明らかで、それによって運転手が死亡する危険のあることは十分に認識できていたのに衝突後もすぐに停止することなく走行を続け、その後「はい終わり」と発言するなどの事実関係から未必の故意を認定しました。

 

 未必の故意の認定は難しいのですが、ドライブレコーダーに残された双方の走行状況の録画や客観的な行為態様その他の周辺事情などの事実関係を総合して故意を認定した判決として紹介します。

 

ご相談のご予約・お問い合わせ 011-281-0757

ご相談の流れはこちら

メールでのご相談はコチラ

事務所概要

〒060-0002札幌市中央区北2条西9丁目インファス5階 TEL011-281-0757 FAX011-281-0886 受付時間 9:00~17:30

当事務所の運営サイト

 札幌市の弁護士による企業再生 札幌市の弁護士による交通事故相談.com 札幌市の弁護士による相続・遺産分割のご相談.com