札幌の弁護士による相続・遺産分割相談

〒060-0002札幌市中央区北2条西9丁目インファス5階 TEL 011-281-0757 FAX 011-281-0886

  • HOME
  • 事務所概要
  • 業務内容
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • アクセス
  • ご相談の流れ
  • お問合せ
  • 採用情報
  • HOME
  • トピックス
  • 非常用電源設置の必要性(北海道胆振東部地震を教訓として)セミナー



村松法律事務所 顧問会社向けセミナー

北海道胆振東部地震災害検証と今後の対応について

~自家発電設備の法令改正ポイント~

村松法律事務所

所長弁護士 村松弘康

 

今年9月の北海道胆振東部地震では、道内すべての電源が喪失する「全域停電(ブラックアウト)」がおき、道民の日常生活、道内企業の事業活動に多大被害が発生する事態がおきました。企業活動は電力に依存する割合が高く、電源喪失という非常事態は甚大な影響を与えることになりました。電源喪失の事態に対応するために、消防法、建築基準法は公共商業施設、病院などに非常用発電設備の設置を義務付けています。近年日本国内で起った記録的豪雨による水害や台風被害、地震時においても非常用自家発電設備が正常に作動しなかった例が報告されています。その原因の多くは、非常用発電設備の老朽化やメンテナンス不備であったと指摘され、20186月と8月に総務省消防庁から、自家発電設備の点検整備の徹底について通達が出されるなど、消防機関からの指導が全国的に行われるに至っております。

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催も近づき、北海道にも外国人観光客の増加が見込まれる今、道内のホテル、病院、老人福祉施設、児童養護施設、学校、幼稚園、地下街、神社、寺院、オフィスビル、百貨店、商業施設などにおいて、停電の際の安全確保が求められています。

  この度、村松法律事務所では、顧問会社をはじめとする関係会社の皆様に、法令改正の内容をご説明し、北海道における危機管理の在り方とりわけ、電源喪失時の非常用電源の確保の必要性を中心に勉強会を開催いたします。

詳細は下記の通りになります。

 

【開催日時】   2019 1 29 日(火曜日) 16 00

【会  場】   札幌市中央区北 2 条西 9 丁目 インファス 2 階(村松法律事務所同ビル)

【内  容】   16 00 分~16 30         北海道胆振東部地震災害検証と今後の対応と経過

                                                                     北海道総務部危機対策局主幹

         16 30 分~17 00        消防予防第 372373528 号 法令改正について 

                                                                     村松法律事務所 弁護士 畔木康裕

         17 00 分~17 15         消防設備組合関係者

         17 15 分~17 30         損保ジャパン日本興和火災海上

         17 30 分~1800          電源喪失時における二次被害に関する法的責任について

                                                                     村松法律事務所 所長弁護士 村松弘康 



※ご出席いただける場合には、電話(011-281-0757)又は、FAX(011-281-0886。下記添付の申込書をご使用ください。)にて、お名前とご出席の人数をお知らせください。(担当:村松法律事務所 弁護士 畔木康裕 )

申込書.jpg

ご相談のご予約・お問い合わせ 011-281-0757

ご相談の流れはこちら

メールでのご相談はコチラ

事務所概要

〒060-0002札幌市中央区北2条西9丁目インファス5階 TEL011-281-0757 FAX011-281-0886 受付時間 9:00~17:30

当事務所の運営サイト

 札幌市の弁護士による企業再生 札幌市の弁護士による交通事故相談.com 札幌市の弁護士による相続・遺産分割のご相談.com